【ガレージキット説明書追加情報】
アイン・ダルトン 阿頼耶識

2019/8/30 更新

この度は「鉄血のオルフェンズ アイン・ダルトン 阿頼耶識」をご購入いただきありがとうございます。開封後はすぐにパーツに不備がないかチェックいただき、足りないものがある場合は右上の説明書番号とパーツ番号をinfo@lfd.jpへご連絡ください。対応期間はご購入から一ヶ月となります。ご返金には応じられませんので、ご了承くださいませ。

アイン・ダルトン

ガレージキットの性質上、気泡、修復可能な破損は交換の対象外となります。
が、こちらの2019年版に限り、3Dプリント品の性質によると思われる重大な亀裂などの欠陥については、データのある限り無期限で交換に応じます。該当パーツを着払いにてお送りいただくことが必須となりますので、まずはメールにてご連絡ください。

【3Dプリント出力品の扱いについて】
※光造形3Dプリンター出力品です。熱、紫外線に弱いため、暗いところで保管し、お早めの塗装をおすすめします。パーツ洗浄は水で十分です。短時間で行い、煮沸はしないでください。塗料、パテはよく食いつきます。
※サポートがついていますので、ニッパーなどで少しずつはずしてください。製造上の都合で一部こちらではずしてありますが、サポート痕がのこっていますので、ヤスリで整えてください。

【組み立てについて】
■左右がわかりにくいパーツがあります。サポートのベースにそれぞれR、Lと書いてありますので、確認して印をつけておくとよいです。
パーツがはめづらい場合、無理に押し込むと割れやすくなります。当たる部分をしっかり削って余裕を作ってください。
■頭部は組み上げても内部に隙間があります。写真のようにパテで埋めると固定しやすくなります。(写真1枚目)
■後ろ髪と前髪のパーツは製造の都合で分割してありますが、一体化した状態でも上からはめることができますので、パテでつないで境目をなじませておくと塗装しやすいです。
■体・ヘッドセット後頭部・後ろ髪・前髪・耳あて・チンガードの順ではめていただくと組みやすいです。
■付属の黒いケーブルは少し長めにしてありますので、お好きな長さに整えてください。写真のように先端の皮膜を5mmほど切り取り、中のアルミ線を露出させます。バックパネルとヘッドセット後頭部の差込口の穴を、1mmのピンバイスで5mmほどの深さに掘り、ケーブルを差し込んで接着します。(写真2枚目)
■顔&体パーツには、サイドと襟足の髪の一部が造形してあります。塗装の際は、造形の通りになぞるというよりは、造形のラインを目安に毛束を描き込むようにすると自然なイメージになると思います。お好みで描き足してください。(写真3枚目)

■C3の展示に使用したマンダラ台座は、BOOTHにて通信販売しております。
https://lfd.booth.pm/items/1527709