【ガレージキット説明書追加情報】
Desktop Fellows / Scholar

Desktop Fellows / Scholar(デスクトップフェローズ/スカラー)のキットをお買い上げいただきありがとうございます。
製作時の注意点など、追加情報を掲載していきます。

▪️ガレージキット初心者の方はこちらをご参照ください。
ガレージキット入門編:スミ入れ簡単仕上げ
ガレージキット初級編:筆塗り簡単仕上げ

<Desktop Fellows 共通>
Desktop Fellows は、机の上であなたを応援してくれる小さな仲間です。ぜひ組み立てて身近に置いてあげてください。

マスクの下の顔は、お買い上げいただいた方だけが見られる秘密の顔です。
L.F.D.での公開はしませんが、作っていただいた方が写真をアップされることはかまいません。
本来マスクを取り付けるためのダボのかわりに遊びで顔をつけましたので、作りは粗くなっています。
顔を生かして制作される場合は、少し整えてあげるとよいでしょう、

Desktop Fellows のマスクは交換可能になっています。複数集めて交換して遊ぶのもよいでしょう。
マスクを交換して遊ぶ場合は、はがせる接着剤で取り付けるか、口の穴を深くしてマスク側にアルミ線などを取り付けて差し込むとよいでしょう。

<Scholar 製作のポイント>
うでのつけねはそのままでは少し隙間が開いてしまう場合があります。つなぎ目を無くしたい場合はパテなどで隙間を埋めてください。
少し高いですが、「ガイアノーツ 瞬間カラーパテ ホワイト」が、そのままで成型色に近く、接着しながら隙間を埋められるのでおすすめです。

本には何も書いていません。お好きな文字や絵をかいたり、表紙にもタイトルを書いたりしてカスタマイズしてみてください。

足は左右どちらでもはまり区別がしにくいですが、若干つま先が開き気味になる方が標準です。逆にとりつけて内股ぎみにしてもよいでしょう。

塗装見本にこだわらず、ぜひお好きな色に塗ってみてください。
写真をアップしてお知らせいただければ、こちらでもTwitterなどでご紹介させていただきます。